防犯グッズのうまい探し方とは。必要な防犯グッズとは。


一人暮らしの女性が取るべき防犯対策

女性の一人暮らし
女性が標的にされる犯罪は増加しています。特に一人暮らしの女性が標的にされる事件が増加しているため、女性は防犯対策について見直する必要があると感じます。
ここで紹介する防犯対策を参考に、一人暮らしの女性は、自分の防犯対策を見直してみてください。

  ■部屋の戸締りと部屋への侵入予防

・部屋に帰ったらすぐに玄関にカギをかける。
・階層が上でも窓は開けたままにしない。
・部屋のカギは2つ用意する。
・出かける前は、すべての戸締りを行う。
・簡単に部屋の玄関を開けない。
・ドアスコープで相手を確認する。
・予定のない来客は断る。
・表札に名前を出さない。

一人暮らしの女性が防犯対策で注意するのは、「戸締り」と「2重確認」です。

一人暮らしの女性をターゲットとした、押し込み強盗や空き巣が多く、出かけるとき、出かけ先から戻ってきたときの部屋の戸締りは必ず行うようにしてください。

マンションに暮らしている女性の中には、上の階だからといって、窓のカギの戸締りを忘れていたり、カギを開けっぱなしで就寝する人もいますが、 部屋にいる時も階層が上であっても戸締りをきちんとしておきましょう。

カギの戸締り
最近はオートロックなどの設備を備えた女性向けマンションも登場して、 セキュリティが高いマンションに生活する女性もいますが、そのセキュリティに頼った生活を送るのではなく、自分でも確認作業を行いましょう。

押し込み強盗などは、宅配便やガス・水道の点検業者を偽ってマンションに侵入することがあります。
インターホン前で確認をして、そのまま玄関の扉を開ける女性もいますが、インターホンで確認した後も、玄関前でドアスコープから相手の姿を確認してください。

ドアスコープから相手を確認した後は、玄関を開ける際にもドアチェーンをつけたままにしておきましょう。

また、予定のない来客などは避け、来客の本人確認ができる物の提示、または来客の身分を証明することができる場所への連絡を必ず取るようにしましょう。

警戒のしすぎと思うかもしれませんが、いつあなたが犯罪の標的にされるかわかりません。
日頃から防犯対策の意識を持って生活をすることで、犯罪を起こそうとしている相手に対して「隙が無い」と思わせるためにも、日頃の防犯対策は必要です。



(c) 防犯グッズの探し方ガイド